インフォメーション

スタッフ日記

HOME > インフォメーション > スタッフ日記

2017/1/21 大阪漢方鍼医会

皆さんこんばんは。
今日はNLPの講義の日…だったのですが
前々より申し込んでいた大阪漢方鍼医会の勉強会へ行ってきました(^^)

この漢方鍼。創始者は森本繁太郎先生ですが 代表をしていらっしゃるのは本田滋一先生。 その本田先生に定期的に治療してもらっている私。 「興味があったらおいで」とお声を頂いたので 行ってきました! 入門講座なので基礎内容が主ですが 中には1度受けたのに 改めて基礎を学びに来ていらっしゃる方も。 皆さん勉強熱心(^^) やった内容はというと 午前中は講義。 漢方鍼医会は瀉法(体から邪を抜く)を主としているようで 体の中の悪者を取ってあげたら、自然治癒力は高まり、自然と病証は改善される という考え方でした。 講義の内容をもう少しご紹介すると 五蔵にはそれぞれ飲食労倦の際好む味があり 肝は酸味 心は苦み 脾は甘味 肺は辛味 腎は塩味(厳密には塩ではないですが) ただ取りすぎると蔵を犯すと言われています。 難経四十九難には喜ぶ味だそうですが 難経鉄鑑には喜ぶは「府」嫌うは「蔵」とあるそう。 まあまあ確かに、大量のワサビを食べて 腸の環境は改善されるかもしれませんが、確実にむせますよね。笑 そんな感じの講義内容でした。 あとは「土用」のことについてなど。 んー…何のことを言っているかわからない方は 個人的ににご相談ください。 で、午後から実技です。 脈診などはやりませんでしたが 森本式てい鍼での触診や 押手の構え方、局所ですが邪の抜き方を教わりました。 技術面でももちろんですが ご自身の手技をシステム化して 他の方にわかりやすく教えるというのは とても難しい事だと思うので こーゆー勉強会は、ほんと色々勉強になります。 あとけっこー他県からの方もいらっしゃいました。 広島の方や滋賀の方からも。 森本先生に直接ご指導いただけるのですが 気さくで優しく、面白い先生でした(^^) 講義の時は色々議論が飛び交ってて 先生方も熱くなり ついていけない場面もありましたが…笑 なんやかんやで色々と濃いセミナーでしたが 明日からの治療に生かせそうな内容がたくさん収穫出来ました。 また一皮剥けることが出来そうです(^^) 今年の自分はどこまで伸びるのか 少々楽しみを頂いた日でした。 些細なことでもご相談ください。 昇・鍼灸整体 伊藤

LINEからでもご予約可能です。